フェイスブックで友のありがたさを感じる

去年のなかばごろから、友達とよくフェイスブックでやりとりしています。 何年か前にフェイスブックに登録して、それきり放置していた私ですが、友達がフェイスブックを使っているということを知り、私ももうちょっとちゃんと使わないと・・と思って、初心者として使い始めました。 友達が遠くへ引っ越したので、寂しくないかなぁとか、少しでも笑ってもらえたらと、おもしろそうなネタをフェイスブックに書くようになり、これが私のフェイスブックを使い続けるモチベーションになりました(今はこの初心を忘れつつある・・、いけないなぁこんなこ... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | フェイスブックで友のありがたさを感じる はコメントを受け付けていません。

中世の歴史を描く漫画『チェーザレ 破壊の創造者』

『チェーザレ 破壊の創造者』は、実在の人物チェーザレ・ボルジアを主人公にした漫画です。物語の舞台は15世紀後半、コロンブスがアメリカ大陸に到達したのと同時代です。ボルジア家は、スペインの有力貴族で、ローマでも権力をふるっていました。ボルジア家出身でカトリックの教皇にまで上り詰めた男の私生児として生まれたチェーザレも、政治家として武将として活躍しました。哲学者マキャベリに「理想の君主」と称えられたチェーザレですが、歴史の流れの中では敗残者であるため、後世には悪い噂と共に伝えられることもありました。この漫画は... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 中世の歴史を描く漫画『チェーザレ 破壊の創造者』 はコメントを受け付けていません。

続きが気になる漫画『ヴィンランドサガ』

『ヴィンランドサガ』は、11世紀の北ヨーロッパを舞台にした漫画です。主人公のトルフィン・トールズソンは実在した人物で、船で北ヨーロッパから北アメリカにわたり、そこに新しい居住地(村)を作ろうとしたと伝えられています。漫画の物語は、実在の人物や歴史を取り入れつつ、史実そのままではなく、作者の創作をたくさん交えて進んでいます。 この漫画の面白いところは、主人公トルフィンの抱える悲惨な過去と、それを乗り越えようとするトルフィンの旅路、そしてそれを支え、トルフィンと共に夢を追おうとする仲間たちのストーリーです。 ... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 続きが気になる漫画『ヴィンランドサガ』 はコメントを受け付けていません。

大人になっても笑って元気になれる漫画

浦安鉄筋家族の漫画を子供のころによく読んでいました。難しい漫画は苦手だったので、暇つぶしにゴロゴロしながら読めるのがいいです。 大沢木家と、家族をとりまくユニークな人達の物語となっています。 主人公の小鉄をはじめ、出てくるキャラクターがどれも強烈で、自分の好きなキャラクターがメインの話の時は嬉しいです。 私が一番好きなキャラクターはドイツジンで、愛くるしい生活の男の子です。ジンの母親も際立っています。 浦安鉄筋家族には実在の有名人を真似たパロディキャラも多数でてくるので、親近感もわきます。 ムツゴロウさん... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 大人になっても笑って元気になれる漫画 はコメントを受け付けていません。

『ヒストリエ』刊行を心待ちにしている漫画

『ヒストリエ』は、古代地中海世界を舞台にした漫画です。主人公のエウメネスは実在の人物で、プルタルコスという人が描いた歴史書にも伝記が載っているそうです。 ストーリが展開される時代は古代マケドニアのアレクサンドロス大王の時代です。エウメネスはアレクサンドロスよりも年上で、漫画の中では、まだアレクサンドロスは年若い王子として描かれています。 エウメネスの生きた時代は、古代ギリシャ都市国家や大国ペルシャ、そして力をつけ始めた古代マケドニアなどが入り乱れて争う波乱の時代です。エウメネス自身も幼いころからたくさんの... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 『ヒストリエ』刊行を心待ちにしている漫画 はコメントを受け付けていません。

漫画 北斗の拳第1部

これは、男の中の男の漫画だと思います。 今この世の中の男子には必ず読んでもらいたい。男子だげでなく、すべての人に読んでいただきたい。なぜか…それは主人公のケンシロウの素直を心と優しさをもっていれば、どんな困難な事にも負ける事なく前に進み、高い壁をも難なく突破してみせる、今の日本人にもっとも足りないものを気づかせてくれる漫画だと私は思うからです。 主人公のケンシロウは愛しの恋人、ユリアを助ける為に旅をし、そこで沢山の敵を倒し困難に立ち向かい、そして弱気者を助けていきその中でケンシロウをまた一つ強くデカくそし... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 漫画 北斗の拳第1部 はコメントを受け付けていません。

ブックオフのオンライン買取で漫画を売却してみた

自宅に眠ってるマンガ本約150冊をブックオフのオンライン買取で引き取ってもらった時の感想です。 オンライン買取を選んだ理由は、買取してもらう本が150冊と大量だったからです。 ダンボールに詰める作業は出来てもこの量を店舗まで運ぶとなると一苦労だと感じました。 市内にブックオフ店舗はありますが、車ならともかく歩いて持っていける距離にはありませんし何か良い手立てはないかと探してみるとオンライン買取という便利な方法を見つけました。 他にもオンライン買取をしてくれるお店はあったんですが、ブックオフほどメジャーなお... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | ブックオフのオンライン買取で漫画を売却してみた はコメントを受け付けていません。

MAJOR メジャー

メジャーと言う漫画はNHKでアニメとしてもやっており、大変人気の漫画となっております。 メジャーとは本田吾郎『5歳児』主人公が野球をやっていきながら、成長して行き様々な壁に当たりながらもがむしゃらに前を向いて生きていく内容となってます。 野球漫画なんですが、野球を知らない人でも楽しめるようになっており、男性だけでなく、女性の読者もかなり増えていっているそうです。 吾郎くんは、プロ野球選手の父と二人暮らしで、お父さんを目標に野球を始めます。そこで支えとなってくれているのが保育園の先生の桃子先生。桃子先生は、... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | MAJOR メジャー はコメントを受け付けていません。

進撃の巨人という漫画について

私は進撃の巨人を全部の巻通して読んできました。巨人の支配から逃れる人から巨人に立ち向かう人へと変わっていく物語です。巨人を駆逐したい、そう思いだしたのは主人公エレンの小さき頃からの憧れである調査兵団がきっかけであった。主人公エレンは幼き頃に人を食らう巨人によって母親を頃だれてしまう。その光景を目の当たりにした純粋無垢だったエレンは巨人への大きな憎悪を抱きだす。調査兵団に入り巨人を駆逐してやると実際に読んでみて個々が一番名言であり格好いい決意のシーンでもあった。このエレンは成長して友達と調査兵団になるが、な... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 進撃の巨人という漫画について はコメントを受け付けていません。

恋愛がしたくなる漫画、胸が鳴るのは君のせい

この漫画は等身大の高校生が描かれていて、読者も感情移入しやすいと思います。 主人公のつかさは同じクラスの有馬に恋をしています。 中学生の時に有馬に告白をして一度はフラれますが、つかさは諦めません。 二人が同じ高校に入学してから距離は縮まっていきます。 つかさはお人好しで、先生や友達の頼みごとは断れない性格です。 有馬はそんなつかさの性格を知っていて、さりげなく助けてくれます。 どこから見てもお似合いの二人なのに、なかなか結ばれないのがもどかしいです。 また、有馬の元カノが現れ、つかさの不安が大きくなります... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 恋愛がしたくなる漫画、胸が鳴るのは君のせい はコメントを受け付けていません。