中世の歴史を描く漫画『チェーザレ 破壊の創造者』

『チェーザレ 破壊の創造者』は、実在の人物チェーザレ・ボルジアを主人公にした漫画です。物語の舞台は15世紀後半、コロンブスがアメリカ大陸に到達したのと同時代です。ボルジア家は、スペインの有力貴族で、ローマでも権力をふるっていました。ボルジア家出身でカトリックの教皇にまで上り詰めた男の私生児として生まれたチェーザレも、政治家として武将として活躍しました。哲学者マキャベリに「理想の君主」と称えられたチェーザレですが、歴史の流れの中では敗残者であるため、後世には悪い噂と共に伝えられることもありました。この漫画は... Read More

続きが気になる漫画『ヴィンランドサガ』

『ヴィンランドサガ』は、11世紀の北ヨーロッパを舞台にした漫画です。主人公のトルフィン・トールズソンは実在した人物で、船で北ヨーロッパから北アメリカにわたり、そこに新しい居住地(村)を作ろうとしたと伝えられています。漫画の物語は、実在の人物や歴史を取り入れつつ、史実そのままではなく、作者の創作をたくさん交えて進んでいます。 この漫画の面白いところは、主人公トルフィンの抱える悲惨な過去と、それを乗り越えようとするトルフィンの旅路、そしてそれを支え、トルフィンと共に夢を追おうとする仲間たちのストーリーです。 ... Read More