進撃の巨人という漫画について

私は進撃の巨人を全部の巻通して読んできました。巨人の支配から逃れる人から巨人に立ち向かう人へと変わっていく物語です。巨人を駆逐したい、そう思いだしたのは主人公エレンの小さき頃からの憧れである調査兵団がきっかけであった。主人公エレンは幼き頃に人を食らう巨人によって母親を頃だれてしまう。その光景を目の当たりにした純粋無垢だったエレンは巨人への大きな憎悪を抱きだす。調査兵団に入り巨人を駆逐してやると実際に読んでみて個々が一番名言であり格好いい決意のシーンでもあった。このエレンは成長して友達と調査兵団になるが、なんと最初の話のほうで巨人にさっそく食べられてしまう。そこからストーリーは大きく動くのだがエレンは実は巨人の力を有していたため、巨人の体内からも脱出できてしまう。しかし、人々にとって巨人は今日脅威そのものであったことからエレンは信じるものを失う。しかし、リバイという兵長に気合を入れ直すため掃除や巨人のコントロールを覚えて巨人の力をコントロールできるようになっていく、次第に意識が保てるようになり、人々への安心は浸透していった。それからレインを主導に巨人に立ち向かうが他にも人から巨人へと変身できる登場人物が増えていく巨人の姿も鎧をまとっていたり女型の巨人であったりその種類や戦い方も見るととても楽しめるであろう。今後も人間の中に巨人になれる力を持つものが現れるかもしれないのでそこに注目して読むと面白いと思います。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the <a href="http://achievedc.mapkist.com/Giant" title="Permalink to 進撃の巨人という漫画について" rel="bookmark">permalink</a>.

Comments are closed.