Author Archives: achievedcmapkist

「1・2の三四郎」小林まこと

「1・2の三四郎」は、1978年から83年までの間に、週刊少年マガジンに連載されたスポーツギャグ漫画です。 作者の小林まことは「What’s Michael?」や「柔道部物語」など、ギャグ漫画で数々のヒットを飛ばしていますが、「1・2の三四郎」はその原点となり、また彼の出世作ともなった記念碑的な作品でもあります。 高校生の主人公・東三四郎は、ラグビー部で飛鳥とともに抜群の実力を持つスター選手でしたが、練習中に危険なプレイをしたとしてラグビー部を追い出されています。 彼はあらたに柔道部に入部しよ... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 「1・2の三四郎」小林まこと はコメントを受け付けていません。

BUZZER BEATER

「スラムダンク」や「リアル」など、数々のメガヒット作品で知られる井上 雄彦氏による近未来SF漫画です。井上氏のラインナップからすれば異色と言っていいと思います。 本作の特徴は、近未来、様々な宇宙人との接触、交流を果たしている世界を描いているために、現実のバスケでも大きな要素である「人種差」がほとんど決定的なものとして存在しているという点です。その優劣によって支配関係が生まれず、戦争にならなかったとしても完全実力主義のスポーツの世界はあまりに残酷にその差を見せつけます。 しかし、ヒデヨシたち地球チームがその... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | BUZZER BEATER はコメントを受け付けていません。

宅配男子の強引なお届けモノ♂

ネットショッピングやネットオークション、ネットスーパーなどの進展によって接する機会が飛躍的に増えたのが宅配サービス。郵便物が電子メールの発達によって減っているのとは対照的に意外なほどの隆盛ぶりを見せる一方で、宅配をしてくれる社員たちへも熱い注目が集まっています。 体育会系ではあるものの依頼者の求めに応じて最短で来てくれるフットワークの良さや礼儀正しさ、爽やかさといった要素は、他のガテン系とはまた別の魅力といった感じであり、惹かれる方が増えるのも納得です。 さて、そんな「宅配男子」に焦点を置いた本作は、荷物... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 宅配男子の強引なお届けモノ♂ はコメントを受け付けていません。

ハッスルで行こうで前向きを充電!

将来どんな職業に就きたいか考えている頃に私が読んでいた漫画が「ハッスルで行こう」です。 それまで進路や仕事について漠然とした意識しかありませんでした。 仕事をすることに対してどうすれば前向きになれるかや、どんな壁が待っているかを予習したような感じがしました。 もちろん現実では漫画の様にさわやかになんていかないのですが、それでも前向きに進んでいこうとする主人公を心強く感じました。 その主人公は調理師学校に通う学生で将来料理人になるために勉強中なのですが、なんと自分の働きたいレストランの見習い募集に迷いなく応... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | ハッスルで行こうで前向きを充電! はコメントを受け付けていません。

よつばと! あずまきよひこ

あずま先生のよつばと! は、割と有名なので知ってる人も多いのではないでしょうか。 5歳の主人公の女の子とその父親の日常を描く、ほのぼのとしたマンガです。よつばがかわいくて仕方なくて、これくらいの年ごろの子供を持つ親は、よつばは、この年頃の子供の特徴をよくつかんでいて、「わかるわかる♪」と思って読んでいるらしいです。また、独身時代に読んでいて、出産後に読むという両方を経験した人も、見方がかわるという話を聞きました。 自分の立場や環境によって読む角度が違ってくるけど決してそれは悪いイメージになることはない、数... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | よつばと! あずまきよひこ はコメントを受け付けていません。

フェイスブックで友のありがたさを感じる

去年のなかばごろから、友達とよくフェイスブックでやりとりしています。 何年か前にフェイスブックに登録して、それきり放置していた私ですが、友達がフェイスブックを使っているということを知り、私ももうちょっとちゃんと使わないと・・と思って、初心者として使い始めました。 友達が遠くへ引っ越したので、寂しくないかなぁとか、少しでも笑ってもらえたらと、おもしろそうなネタをフェイスブックに書くようになり、これが私のフェイスブックを使い続けるモチベーションになりました(今はこの初心を忘れつつある・・、いけないなぁこんなこ... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | フェイスブックで友のありがたさを感じる はコメントを受け付けていません。

中世の歴史を描く漫画『チェーザレ 破壊の創造者』

『チェーザレ 破壊の創造者』は、実在の人物チェーザレ・ボルジアを主人公にした漫画です。物語の舞台は15世紀後半、コロンブスがアメリカ大陸に到達したのと同時代です。ボルジア家は、スペインの有力貴族で、ローマでも権力をふるっていました。ボルジア家出身でカトリックの教皇にまで上り詰めた男の私生児として生まれたチェーザレも、政治家として武将として活躍しました。哲学者マキャベリに「理想の君主」と称えられたチェーザレですが、歴史の流れの中では敗残者であるため、後世には悪い噂と共に伝えられることもありました。この漫画は... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 中世の歴史を描く漫画『チェーザレ 破壊の創造者』 はコメントを受け付けていません。

続きが気になる漫画『ヴィンランドサガ』

『ヴィンランドサガ』は、11世紀の北ヨーロッパを舞台にした漫画です。主人公のトルフィン・トールズソンは実在した人物で、船で北ヨーロッパから北アメリカにわたり、そこに新しい居住地(村)を作ろうとしたと伝えられています。漫画の物語は、実在の人物や歴史を取り入れつつ、史実そのままではなく、作者の創作をたくさん交えて進んでいます。 この漫画の面白いところは、主人公トルフィンの抱える悲惨な過去と、それを乗り越えようとするトルフィンの旅路、そしてそれを支え、トルフィンと共に夢を追おうとする仲間たちのストーリーです。 ... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 続きが気になる漫画『ヴィンランドサガ』 はコメントを受け付けていません。

大人になっても笑って元気になれる漫画

浦安鉄筋家族の漫画を子供のころによく読んでいました。難しい漫画は苦手だったので、暇つぶしにゴロゴロしながら読めるのがいいです。 大沢木家と、家族をとりまくユニークな人達の物語となっています。 主人公の小鉄をはじめ、出てくるキャラクターがどれも強烈で、自分の好きなキャラクターがメインの話の時は嬉しいです。 私が一番好きなキャラクターはドイツジンで、愛くるしい生活の男の子です。ジンの母親も際立っています。 浦安鉄筋家族には実在の有名人を真似たパロディキャラも多数でてくるので、親近感もわきます。 ムツゴロウさん... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 大人になっても笑って元気になれる漫画 はコメントを受け付けていません。

『ヒストリエ』刊行を心待ちにしている漫画

『ヒストリエ』は、古代地中海世界を舞台にした漫画です。主人公のエウメネスは実在の人物で、プルタルコスという人が描いた歴史書にも伝記が載っているそうです。 ストーリが展開される時代は古代マケドニアのアレクサンドロス大王の時代です。エウメネスはアレクサンドロスよりも年上で、漫画の中では、まだアレクサンドロスは年若い王子として描かれています。 エウメネスの生きた時代は、古代ギリシャ都市国家や大国ペルシャ、そして力をつけ始めた古代マケドニアなどが入り乱れて争う波乱の時代です。エウメネス自身も幼いころからたくさんの... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 『ヒストリエ』刊行を心待ちにしている漫画 はコメントを受け付けていません。