Category Archives: 未分類

進撃の巨人という漫画について

私は進撃の巨人を全部の巻通して読んできました。巨人の支配から逃れる人から巨人に立ち向かう人へと変わっていく物語です。巨人を駆逐したい、そう思いだしたのは主人公エレンの小さき頃からの憧れである調査兵団がきっかけであった。主人公エレンは幼き頃に人を食らう巨人によって母親を頃だれてしまう。その光景を目の当たりにした純粋無垢だったエレンは巨人への大きな憎悪を抱きだす。調査兵団に入り巨人を駆逐してやると実際に読んでみて個々が一番名言であり格好いい決意のシーンでもあった。このエレンは成長して友達と調査兵団になるが、な... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 進撃の巨人という漫画について はコメントを受け付けていません。

恋愛がしたくなる漫画、胸が鳴るのは君のせい

この漫画は等身大の高校生が描かれていて、読者も感情移入しやすいと思います。 主人公のつかさは同じクラスの有馬に恋をしています。 中学生の時に有馬に告白をして一度はフラれますが、つかさは諦めません。 二人が同じ高校に入学してから距離は縮まっていきます。 つかさはお人好しで、先生や友達の頼みごとは断れない性格です。 有馬はそんなつかさの性格を知っていて、さりげなく助けてくれます。 どこから見てもお似合いの二人なのに、なかなか結ばれないのがもどかしいです。 また、有馬の元カノが現れ、つかさの不安が大きくなります... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | 恋愛がしたくなる漫画、胸が鳴るのは君のせい はコメントを受け付けていません。

ハンター×ハンターについて

冨樫義博さんのハンターハンターという少年コミックの魅力的な点について考察します。 まずキャラクターが成長して行く過程の面白さが他の類似少年コミックより優れていると感じます。 それは現代社会におけるいわゆるイルミナティや裏社会、表面上にはない意識世界を漫画という媒体に上手に落とし込めていると感じるからです。 さらにキャラクターの個性の強さ、伏線の張り方が素晴らしいです。序盤で張っておいた伏線を数年後に出版した単行本で回収するというのはざらです。 いわゆる超能力的な世界を念能力として落とし込み、その能力の特性... Read More

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 未分類 | ハンター×ハンターについて はコメントを受け付けていません。